やきそば弁当<マルちゃん>北海道限定の大判。男子はみんな好きですよね!

北海道限定商品のマルちゃんのやきそば弁当。

最近では、本州でも売ってるのかな?

もしくは、ぺやんぐの名前で売ってます。

が、本家のこちらは中華スープ付!これがなかなかうまいんですよ。

Amazonリンク↓

北海道限定、マルちゃん やきそば弁当の概要

1975年(昭和50年)「やきそば弁当」発売開始。北海道は、従来から東洋水産のインスタント製品のシェアが高い地域であり、東洋水産の「やきそば弁当」が北海道のカップ焼きそばのトップブランドとして定着している。その高い人気から充実した様々な商品展開を行っている。

2010年(平成22年)2月以降の出荷分より、「やきそば弁当」シリーズの全てがJASマーク認定となった。

この関係で北海道では「昔ながらのソース焼そば」が販売されていなかった時期もあったが、2007年(平成19年)2月以降、東北、信越地方と共に販売が再開された。北海道内の空港やJR北海道の駅などの売店では、お土産品として「リボンナポリン」、「コアップガラナ」、「サッポロクラシック」などと共に販売されている。

その他の地域では一部のコンビニエンスストアやスーパーマーケットで常時または不定期に販売が行われている。また、各地にある北海道のアンテナショップでも販売しているところがある。その他、不定期に行われる「北海道フェア」などの催事において販売されることもある。青森県内の一部店舗(コンビニ含む)では、2016年3月26日の北海道新幹線開業に関連して、当商品を扱っている店舗がある。

名前の由来として「スープを入れているため、厚みのある大きなカップの形状から、『弁当箱に似ている』」との説明がある。

東洋水産において当商品と同様に全国展開しない地域限定商品として「ダブルラーメン」、「やきっぺ」、「屋台十八番(袋入りフライ麺)」等がある。

当初はプラスチック製の二重構造の入れ物で下の蓋がスープ用、上の蓋が麺用及び湯切り用であったが、近年製造形は通常のカップラーメン同様紙製に切り替わっており湯切り用の穴が設けられた紙製蓋により湯切りされるようになった。

スポンサーリンク